スポンサード リンク

手塚治虫の超貴重原画も! 「火の鳥」展今週末開催!

京都・中京区の京都国際マンガミュージアムでは、ミュージアムの象徴ともいえる手塚治虫「火の鳥」オブジェの完成記念企画展「巨大“火の鳥”ができるまで」が2月19日より開催される。

(中略)

「巨大“火の鳥”ができるまで」では、写真やミニチュア模型を使って、巨大“火の鳥”の制作工程を追いかける。あわせて、生前、手塚がファンに送ったとされる「火の鳥」のカラー原画も展示される。

全文は以下で。

マンガミュージアム、火の鳥展会場で手塚の超貴重原画展示(コミックナタリー)

『火の鳥』は、「漫画の神様」といわれる手塚治虫の代表作の一つ。
不死の存在である「火の鳥」を軸に神話やSFを舞台とし、人間の生と死、愚かさや美しさなど、ありのままの人間像を壮大なスケールで描いた手塚氏のライフワークといえる作品です。
残念ながら未完となっていますが、オムニバス形式で進む物語はそれぞれが完成度の高い作品となっています。

手塚治虫氏は17歳で新聞4コマ漫画でデビューし、60歳で没するまでの43年間で約15万枚の原稿を描いたといわれています。
この数字は、1年間に3500ページ描き上げた計算になります。
過酷といわれる週刊連載作家の執筆枚数が、一話20P×50週として一年で1000ページということを考えると、確かに人間業とは思えません。
そして描いた作品のほとんどが代表作といわれる質の高さ。
手塚治虫全集で約700巻。作品数としては約1000にものぼります。
質、量ともに「漫画の神様」といわれる由縁です!

以下のリンクでは展示予定の原画の一部を見ることができます。

鮮やか「火の鳥」原画 来月公開
国際マンガミュージアム
(京都新聞)

貴重な原画を間近で見れる良い機会です!
今週金曜日からの開催ですので、ファンならずとも足を運んでみてはいかがでしょうか?

このブログのランキングはどうか?

古本探しに行く前にこちらの記事をおすすめ!
↓古本通販サイトの送料、手数料の比較!
古本通販サイトの基本サービスを比較!

↓他の古本通販サイトの紹介を見るならこちら!
古本通販サイト別紹介リポート!

お急ぎの方はサイト紹介まとめページへどうぞ!
おすすめ巡回ルートなど紹介しています!
→古本通販サイト紹介まとめ


スポンサード リンク



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

Tag: ニュース おすすめ 紹介 漫画 漫画家


検索フォーム
プロフィール

私もじゃり丸が中古本・単巻中古コミック・中古コミック全巻セット・中古本通販サイトに関する最新情報をお届け!

Author:もじゃり丸
中古コミック購入のモットーは「状態の良い本をより安く!」
人気ブログランキングへ
↑拍手代わりにポチっとよろしくお願いします☆

サイトポリシー案内
リンク
スポンサード リンク
↓こんなのもあります!
あわせて読みたいブログパーツ